高卒でエンジニアになると業務内容は

高卒でエンジニアになった場合、様々な可能性がある。
実は高卒という学歴を見る場合は、だいたい新卒や第二新卒と呼ばれる若年層が多いだろう。
実際には、採用する会社の傾向や個人のスキルにもよるが、IT系技術者の場合、あまり学歴は関係がない。
これは特に中高年になればなるほど、年齢とスキルを重ねれば重ねるほどこの傾向が強くなる。とはいえ、学歴でしっかりフィルタリングし、お互いの活躍するエリアを分けている会社もあるようだ。

この場合、高卒になると現場や運営、サポートなどの現場仕事となり、大卒の人になると技術力次第では設計・開発などの上級職やプロジェクトマネージャなどの管理系の仕事になる。
こうなると待遇にも明確に差が出てきて、明確に決まっているために例外的な処理はない。
実は、これが原因で学歴差がない他の企業に転職した人もいる。とはいえ、この制度をすべての企業が取り入れているわけではなく、実際にはそれぞれの企業ごとに違うというのが現状だ。

もしこれからの就職を考えているのなら、転職先の社内制度がどうなっているかをしっかり考えたほうがいい。
ちなみに、新卒でエンジニアとして働き出す場合、仮に資格があったとしてもエンジニアとしてはあまり役に立たない。
このため、プログラマーとしての経験を積む場合やサポートスタッフとしての経験を積んでから、あるいはOJTを行って先輩がしっかりついて一から技術やビジネスマナーを教えることもある。
このため、しばらくは人について学習することが多いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です